Now Loading...

『パラノーマル・アクティビティ』『インシディアス』のジェイソン・ブラムと、『トランスフォーマー』のマイケル・ベイという世界的ヒットメーカーがタッグを組み、『交渉人』で脚本を手掛けたジェームズ・デモナコが監督を務めるなど、『パージ』『パージ:アナーキー』のスタッフが再集結。また、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でクロスボーンズ/ブロック・ラムロウ役を演じ、『パージ:アナーキー』でも主演を務めたフランク・グリロが引き続きレオ役で登場。低予算ながらも、累計世界興行収入300億円を突破した、想像を絶するエクストリーム・スリラーが緊急公開!
オーエンズ牧師率いる極右政権NFFAが支配するアメリカ。政府は犯罪抑制の最終手段として、“パージ”こそがアメリカを偉大にしていると容認していたが、貧困層や弱者を排除しようとしていると訴える無所属のローン上院議員らの台頭により、賛成派と反対派との間で国内は分断され、その是非を問う大統領選の真っ只中、世界の運命を左右する12時間が新たに幕を開ける——警察も病院も機能しないパージの夜、NFFAの暗殺計画からローン上院議員を守る為、彼女の護衛を務めるレオ。しかし、裏切り者によって、二人は暴力と混沌に満ちた首都ワシントンD.C.の路上に放り出されてしまう。怪し気な武装集団に追われながら、果たして二人は生き延びることが出来るのか・・・?
製作:ジェイソン・ブラム
1969年2月20日生まれ。アメリカ・カリフォルニア州出身。イーサン・ホークと創立したマラテルマ・シアター・カンパニーの製作監督として、キャリアをスタート。ミラマックス・フィルムの買付及び製作部門の共同部門長を経て、製作会社ブラムハウス・プロダクションを設立。『パラノーマル・アクティビティ』シリーズ(07、10、11、12、14)、『インシディアス』シリーズ(10、13)など、低予算ながら創意工夫をこらした内容で観客を魅了。『パージ』シリーズのほか、M・ナイト・シャマラン監督『ヴィジット』(15)『スプリット』(17)、さらにアカデミー賞助演男優賞、録音賞、編集賞を受賞した『セッション』(14)などを製作。15年、「ヴァニティ・フェア」誌が選ぶ“ニュー・エスタブリッシュメント”にリストアップされ、2016年シネマコンでプロデューサー賞を受賞。近年はホラー・サイト「Blumhouse.com」、新たな配給戦略を活用した新レーベル「BH Tilt」を立ち上げる。
製作:マイケル・ベイ
1965年2月17日生まれ。アメリカ・カリフォルニア州出身。23歳からCMディレクターとして活躍し、ウィル・スミス主演『バッドボーイズ』(95)の監督として映画界に進出。『バッドボーイズ2バッド』(03)、ニコラス・ケイジ主演『ザ・ロック』(96)、ブルース・ウィリス主演『アルマゲドン』(98)などのブロックバスター大作を手掛ける。シリーズ5作目『最後の騎士王』(17)が控える『トランスフォーマー』(07、09、11、14)など、その斬新な映像スタイルとアクションシーンは、「ベイ・ヘム」という造語で表現される。さらに、プロデューサーとしても『ミュータント・ニンジャ・タートルズ』シリーズ(14、16)のほか、『悪魔のいけにえ』のリメイク『テキサス・チェーンソー』シリーズ(03、06)、『悪魔の棲む家』(05)、『13日の金曜日』(09)などのホラー作品を製作。ジェイソン・ブラムとは『パージ』シリーズのほか、『呪い襲い殺す』(14・未)でもタッグを組んでいる。
監督・脚本:ジェームズ・デモナコ
1969年生まれ。アメリカ・ニューヨーク州出身。11歳のとき、脚本の執筆と短編映画の撮影を始める。その後、ニューヨーク大学映画学科で学び、ロビン・ウィリアムズ主演『ジャック』(96)、ケヴィン・スペイシー主演『交渉人』(98)、イーサン・ホーク主演による『要塞警察』のリメイク『アサルト13 要塞警察』(05)などの脚本を手がける。その一方、ジョン・レグイザモ主演「キル・ポイント」(07)、オスカー受賞作のドラマ版「クラッシュ」(09)など、テレビのミニシリーズの脚本や製作も手がる。08年には、リュック・ベッソン製作、イーサン・ホーク主演による『ニューヨーク、狼たちの野望』(08・未)で監督デビュー。その後、全3作の監督と脚本を手がけた『パージ』シリーズは、製作費1200万ドルに対し、全世界で2億ドルを超える興行収入を叩き出し、すでに4作目(18年7月、全米公開予定)のほか、TVシリーズ化も決定している。
レオ:フランク・グリロ
1965年6月8日生まれ。アメリカ・ニューヨーク州出身。ニューヨーク大学卒業後、インディペンデント作品を経て、キャメロン・ディアス主演『クリスティーナの好きなこと』(02)に出演。その後も、トム・クルーズ主演『マイノリティ・リポート』(02)、メル・ギブソン主演『復讐捜査線』(10)、トム・ハーディ主演『ウォーリアー』(11)、リーアム・ニーソン主演『THE GREY 凍える太陽』(12)、キャサリン・ビグロー監督作『ゼロ・ダーク・サーティ』(12)、デヴィッド・エアー監督作『エンド・オブ・ウォッチ』(12)、ライアン・ゴズリング主演『L.A.ギャングストーリー』(12)などに出演。また、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(14)と『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(16)では、キャプテン・アメリカと敵対するクロスボーンズことブロック・ラムロウを演じた。前作『パージ:アナーキー』(14)では“警察官”だったが、本作ではレオ・バーンズという役名が付いている。
ローン上院議員:エリザベス・ミッチェル
1970年3月27日生まれ。アメリカ・カリフォルニア州出身。大学で演技を学び、美術学士号を取得。その後、名門ダラス・シアター・センターで演技に磨きをかけ、数々の舞台に出演。99年には映画デビューし、デニス・クエイド主演『オーロラの彼方へ』(00)、ポール・ウォーカー主演『ワイルド・バレット』(06)、ティム・アレン主演『サンタクロース・リターンズ! クリスマス危機一髪』(02)、『サンタクローズ3/クリスマス大決戦!』(06)などに出演。06年、社会現象になったドラマ「LOST」で演じたジュリエット役で人気を博し、プライムタイム・エミー賞候補になったほか、09年のSFドラマ「V」でもエリカ役を好演。また、あらゆるテクノロジーを失った軍閥社会を舞台にしたJ・J・エイブラムス制作のSFドラマ「レボリューション」(12)、雪の女王イングリッドを演じたファンタジー・ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム」(14)などにも出演している。
都道府県 劇場名 公開日
宮城 チネ・ラヴィータ 6月17日(土)
沖縄 ミハマ7プレックス 6月17日(土)
北海道 ディノスシネマズ札幌劇場 上映終了
東京 TOHOシネマズ 日劇 上映終了
愛知 TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ 上映終了
大阪 大阪ステーションシティシネマ 上映終了
福岡 イオンシネマ戸畑 上映終了
鹿児島 天文館シネマパラダイス 上映終了